歴史学者がついに暴く、イースター島モアイ像の真実 | yu-'s blog

歴史学者がついに暴く、イースター島モアイ像の真実

トレンド

はじめに

皆さんは、イースター島にあるモアイ像を知っていますか。

そのモアイ像は誰が作り、どうやって運んだのか?
島にはいくつのモアイ像があるのか?
モアイ像を作った島の人はなぜ居なくなってしまったのか?

など、イースター島の謎は沢山あります。

そんな謎に迫る話になっています。

動画

歴史学者がついに暴く、イースター島の真実
https://www.youtube.com/watch?v=_2g46Ild2N8

コメント欄での反応

・これ、作ったんじゃなくて化石だったりしたら怖いな

・「モアイは語る」 中学でこの教材やった人いる?

・宇宙人「ノリで作ったのに、人間めっちゃ考察してくるやんw」

・文明が発達しているほうが野蛮とかいう皮肉

・イースター島とかピラミッドとかマチュピチュとか謎に包まれた遺跡ってなんかワクワクするよね😆

・モアイ「地球にめり込んで半身浴しとるんやで」

・シュメール文明滅ぼしたのも白人 インカ帝国滅ぼしたのも白人 白人のせいでいくつの文明と民族が滅んだことか

・白人の歴史ってほんとに酷いものばっかりですよね…

・過去の時代の事ではあるが、また白人だな。。。

・イースター島に2回行って、現地の事色々調べましたが大体この動画の言う事で合ってます。 しかし、原住民が絶滅したわけでなく少数残っていました。 ラパヌイ語を読める人もいたけど、ここ最近(数年)で最後の一人が亡くなって完全に解読できなくなりました。 ちなみに最大のモアイはラノララクで作成途中の21mのやつですね そして、胴体が発掘されたピロピロ(という名前が付いてるモアイ)は12mです。 現在は埋め戻されてますが… イースター島行かれた際は、ガイドブックにも殆ど載ってないけど、ラノララクから西に運んだモアイロードを歩いてみるのがいいです。運搬途中で割れて放置されたと思われるモアイが点在してて感動できます。 それにしても、タハイやアキビまで運ぶのは相当大変だったと思いますね。

などなど、

実際にイースター島に行ったことのある人の話やその時の白人は酷い、と書く人。あとはユーモアなコメントも多くみられました。イースター島についての調査は、まだまだ続いていくと思うので、新たな発見も楽しみですね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました