【衝撃】夫婦の営みを7年間拒まれた夫が妻に手紙を、、衝撃の内容にコメント欄は大荒れ!! | yu-'s blog

【衝撃】夫婦の営みを7年間拒まれた夫が妻に手紙を、、衝撃の内容にコメント欄は大荒れ!!

トレンド

手紙の内容

○○(妻の名)さんへ

 俺と結婚してくれてありがとう。これまで16年間一緒に暮らしてくれてありがとう。家事や育児やいろいろ尽くしてくれたことに本当に感謝しています。ありがとう。

 ただ、今のまま夫婦の営み不足の状態が長く続くのであれば、俺は暴力を振るうことになる可能性が高く、もう自分の意志ではコントロールできない状態になっています。

 夫婦の営みがないことに関しては、もう日常的に腹が立っています。ブチ切れて怒ったり暴力をふるったりしていないのは、そういうことをしても不幸になるだけだと思えるからです。我慢にも限界があります。もうそろそろ限界です。いつブチ切れて暴力をふるってしまうのか、自分でも自分が怖いです。そうなってしまっては、家族が不幸になるので、離婚を提案します。

 もし、積極的に夫婦の営みをする気がないのなら、1年後までに離婚しましょう。夫婦の営みをする気がないのに「夫婦」というのは異常です。それならばもう夫婦関係を解消するべきです。

 今の「全く夫婦の営みをしない」という状況には俺は納得できません。○○さん一人の都合で一方的にそうなっていますが、それは○○さんが「毎月1回は夫婦の営みをする」ということに納得できないのと同じではないかと思います。「夫婦の営みをしない」にしても「毎月1回夫婦の営みをする」にしても、お互いに意見や疑問を出し合って、納得して決めるべきではないかと思います。(「~するべき」という言葉を使われるのは嫌だとは思いますが、ごめんなさい、ここだけは使わせて下さい)。

 「今はちょっと待って」という言葉を信じてもう夫婦の営み不足7年です。お互いに7歳も歳としを取りました。その間、全く何の変化もありませんでした。もう「待って下さい」という言葉を信じて待つことはできません。俺の「夫婦の営みをしてほしい」という気持ちは完全に無視されています。こちらの気持ちを全く無視されている状態で、俺は自分のことを幸せだと感じることができません。7年もの間ずっと無視されて腹が立っています。孤独を感じます。寂しさを感じています。

 もちろん「アトピー」や「子育て」の面で努力をしていることは認めます。しかしそれは「おなか空いたからご飯を作ってくれ」と言っている子どもに「洗濯が終わったら作るから待っててね」「掃除が終わったら作るから待っててね」と言っているようなものです。「待っててね」と言われているけれど、ずっとご飯は食べられていません。ご飯を作ってもらえるまで1週間も2週間も待てません。

 以下の内容について、7年前から変わっていません。離婚しないのならば、これらを変える努力をして下さい。どうかお願いします。

(1) 夫婦の営みの話について2日に1回以上は話し合いをしてほしい。こちらは話をしたいのに聞いてもらえないことが多すぎる。○○さんの都合のいいときだけ話を聞くというのでは、十分な話し合いができない。

(2) 夫婦の営みについて、○○さんの意見を言ってほしい。「夫婦の営みは嫌い」だけではおおざっぱすぎる。どこまでならOKで、どこから嫌なのか、もっと教えてほしい。教えてくれれば話し合いができるはずだと思う。

(3) 夫婦の営みについて○○さんも勉強してほしい。一緒にDVDを見て勉強してもいいし、本でもいいので、どんな夫婦の営みならばやってみたいのかを教えてほしい。

(4) ○○さんが俺のことを好きなのならば、「好き」とか「愛してる」と言ってほしい。少なくとも「嫌い」「好きじゃない」「愛していない」とは言わないでほしい。夫婦の営みが成立している間は言葉がなくても信頼できていたけれど、夫婦の営みを拒否されると全人格を拒否されているように感じる。そんな中で「愛してる」と言ってもらえないのはとても苦しい。夫婦の営みをしていた頃としなくなった今とを同じように考えないでほしい。

(5) 手をつないでほしい。腕を組んでほしい。

(6) 一緒に風呂に入って、体の流し合いをしてほしい。

(7) ○○さんの体を触りたい。いつならば触ってもいいのか教えてほしい。体のどの部分ならば触ってもいいのか教えてほしい。

(8) 俺のことは「○○さん」と名前で呼んでほしい。夫婦の営みしている関係ならばあだ名でよいが、夫婦の営みがないならば名前で呼んでほしい。呼び捨てにされたくない。上からものを言われているように感じられてものすごく気分が悪い。

(9) 娘が俺のことをあだ名で呼んだり、見下す態度を取ったときは、○○さんが厳しく叱ってほしい。

(10) 朝起きたら、○○さんから俺にキスをしてほしい。

(11) 朝家を出るときには○○さんからキスをしてほしい。

(12) 会社から帰ってきたら○○さんからキスをしてほしい。

(13) 家にいるときはスカートをはいてほしい(冬の間は寒いからはかなくてもいいけど)。

(14) 「夫婦の営みをしたいなら、家の外でして来てほしい」というようなことは言わないでほしい。傷つきます。

(15) 夫婦の営みができないこともあるとは思うけれど、できないならできないで「代わりに○○しよう」という提案をしてほしい。単に「できない。以上」と拒否だけするのはやめてほしい。例えば、触れ合わなくてもテレホン・夫婦の営みという方法もあるし、アダルトDVDを一緒に見たり、アダルトグッズを一緒に選んだり、代わりにできることを考えて提案してほしい。

(16) 「そんな時間の余裕がない」ということなら、育児支援サービスを使うことも検討したいと思っています。

(17) ○○さんが「自分でもどうしようもない」というのならば、カウンセリングを受けることも考えてほしい。

 以前にも言ったように、「夫婦の営みがしたい」というのは生物学的な欲求なので「テレビが見たい」というのとは全く次元が違います。どちらかと言えば「ご飯が食べたい」「水が飲みたい」というのと同じ種類です。我慢できない種類の欲求です。

 性欲が満たされないと、イライラします。ずっと何も食べていない状態と似たような状態になります。仕事をしていても何をしていても、ずっと夫婦の営みのことを考えているような状態になります。仕事の能率は落ちるし、よからぬことは考えるし、とてもまともな状態ではありません。

 俺は○○さんのことが大好きなので、○○さん以外の女性と夫婦の営みをするのは嫌です。1つ屋根の下に寝ていながら夫婦の営みをできないのは非常に胸が締め付けられます。毎晩そのような気持ちで寝るのは苦痛ですし、ときに朝まで眠れないことがあります。

 「どうしても夫婦の営みは無理」という結論ならば、離婚してくれれば○○さんのことはあきらめます。

 「美味おいしい刺身が食べたいね」とか「カレーが食べたいね」とか「ディズニーランドに行きたいね」といった話をするのと同じように「今度はこんな夫婦の営みをしてみようよ」という会話が普通にできるようになれれば、嬉うれしいと思っています。

 夫婦の営みというのは本来は、そういった普通の日常生活に組み込まれているものだと思います。

 離婚をするのか、夫婦の営みについて前向きに考えてくれるのか、1年以内に答えを出して下さい。

 俺の書いていることはわがままだとは思います。そういう認識はあります。ただ、○○さんが○○さんだけの都合で「夫婦の営みをしたくない」と7年拒否し続けていることも同じようにわがままだと思います。今後は、もう少し話し合いながら決めていくようにしたいと思っています。

 俺の気持ちとしては、離婚はしたくはなく、○○さんが「協力する」と約束してくれることを願っています。

 以上、よろしくお願いします。

コメント欄ではこんな声が!!

282件のコメントから少しだけ紹介します!!

・妻側に問題があるのは明白。
7年間も我慢されて、、いや、我慢させられて大変だったでしょう。
それでも浮気、風俗等、倫理観に反する行為をはたらかなかった旦那さんを偉いと思います。
奥様を愛してらっしゃるのですね。
同時に、奥様から愛されたいという気持ちを強く持っていることと思います。
やはり話し合いというのは避けて通れないのだとおもいます。
どちらにせよ、お二人ともの今後の幸せを願っています。

・夫婦の営みがなければ一緒に居る意味かない?それは間違いだ。そんな事言うやつと一緒に居る意味なんかない。

・コミュニケーションが取りたいというより、結局目的は1つでしょ。
どれか1つでもじゃなくて、やる以外は離婚。
セックスがなければ夫婦として意味がないとまで言い切られたら、もうどうしようも無くなる。
奥さん、鬱々とした日を過ごしてそう。
だけど、そんな気持ちを表に出したり悟られたら、また離婚だ何だ騒がれそうだから、我慢してるだけ。
性欲があって当たり前って思いすぎ。
我慢してる方にもっと感謝すべきでしょ。
養ってるから、することが当たり前とか気持ち悪い。
妻は売春婦じゃないんで。
何がコミュニケーションだよって感じ。

・恥ずかしがり、奔放なところのない妻でしたし、とにかく夢中な私が無理強いしがちな夫だったと認めます。乱暴もしました。しかし、妻も毎回絶頂に達しました。私はいつも終えた時に、自然に「ありがとう」と言っていました。
それでもかなりの期間、妻は耐えてもいてくれたのだと思います。ある時、「(夫婦の営みが)平気になる時が来るのよね」と呟くのを聞いて、ホッとしました。
最後は妻が64歳、私が70歳。妻が求めました。頼まれてゼリーを買いにも行きました。クンニもさせてくれ、十分に勃起し、合体しました。なにか骨盤が狭まっていたのか、奥までは入れませんでした。無理をしては傷めてしまうと恐れ、できるだけ優しく抽送し、反応を増した妻は果てました。その様子は初めての頃のように可愛らしく、そのまま眠りにつきました。私はやはり「ありがとう」と言い、自分は自慰で終わりました。
みごとに自制できる人ならともかく、私は老いても夫婦の営みが必要です。が、妻はその後相手をしてくれません。提案がないのです。しかし、妻以外の女性とはしません。妻と味わった長い年月の陶酔と感謝を思い起こしながら、たまに自慰することで満足しています。

・ダンナさんよくガマンしてますね。
奥さんの生理的に受け付けない気持ちも、わかりますが7年はちょっと… 男性と女性とでは違うところがあると思いますから、お互い理解してあげないといけないのかなと思います。好きだから ずっと一緒にいたいから結婚したんですよね? 私は女性ですが奥さんも、もう少しダンナさんのこと 考えてあげて欲しいと思います。ダンナさんの手紙は夫婦の営みのことばかりを書いてるわけではないです。
もっと真剣に読んであげて。

・子供が小さい時に、私も奥様と同じでした。
子供のことだけを考えていて、ダンナさんのことまで考える余裕がなかったです。
でも夫婦生活には嫌々応じていました。
2回ほどダンナさんが暴れたことがありましたので。怖かったです。でも不思議なことに子供が大きくなったら夫婦生活がイヤではなくなりました。子供のためにも離婚はしない方がいいと思います。

引用元:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150714-OYTEW55061/

感想

コメント欄には282件のコメントが来ていて、夫婦の営み不足や妻側の拒否で離婚した人のコメントや夫が暴れた経験を話している人など、結婚して、子供ができた後の夫婦の性生活に悩みを抱えている人は多いと思いました。

皆さんはパートナーを大切にできていますか?

愛情表現できていますか?

人は、行動や言葉で表さないと伝わらない生き物です。

日々の生活から恥ずかしがらず、愛情表現していきましょう!!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました